KANEDAの写真

top message

代表 畑島美緒

板金の仕事を始めた祖父、
企業として組織化し社会的な信用を築いた父。
その歴史を間近で見ながら育った私は、「魅力」ある製品を作る職人は「興味」「意地」「情熱」がなければその製品が完成しない事を知らず知らずの内に教えられました。
目まぐるしく移り変わる時代、創るものは硬く冷たいものでも、その製品に「魅力」を吹き込む女性としての、やさしさ、細かい心配りを、柔軟な発想と「ものつくり」の大切さを込めて次の「飛躍」に繋げてまいります。
「人の力」「組織の力」、2つの力に子育て同様、愛情を注ぎながら時代のニーズ、お客様のニーズに的確に応え、進化を続ける企業として。

金田コーポレーション
代表取締役
代表 畑島美緒

ミクロものづくり岡山作品コンテスト 出品作品

オブジェ

当社スローガンの「馬龍精神」を鋼材で形作り、当社オリジナル商品の独自形鋼「スーパーシャークC」を土台に使用したオブジェを作成しました。
2018年1月開催のおかやまテクノロジー展(OTEX)に併せて行われた「ミクロものづくり岡山作品コンテスト」に出品し、惜しくも入賞こそ逃しましたが、社員一丸で取り組んだことに、グループ対抗でアイディア出しを行うなど社員間のコミュニケーションをとることができました。
社員が会社を表す精神をくみ取り、形にしてくれたことは大きな喜びです。

「馬龍精神」

当社スローガンである「馬龍精神」を当社設備技術にて具現化しました。何度も打合せを重ね、各作業担当を振り分け個人が全力で取組む事により一つの作品となりました。新しい分野にも挑戦し、何度も失敗を重ねました。特に龍の立体化には苦労しました。当社オリジナル商品であるスーパーシャークCを土台とし、後方部の放射線状は、今後の更なる飛躍を表現しています。
立花リーダー 馬龍精神 70周年ロゴ

「ど根性ひまわり」

創業70周年の記念事業として、地元小学校へ、書籍と共に、震災にも負けずに咲いた「ど根性ひまわり7世」の種を寄贈しました。
制作にあたり、どんな困難にも「ど根性で立ち向かい、らせん階段のように一歩ずつ上昇していくという意味を込めています。心にひまわりのような花を咲かせ、人を幸せにするものづくりをするという想いを込めて制作した作品です。
吉元課長 正面からの写真 上からの写真

当社オリジナル商品を使用して作成したオブジェの組立
独自形鋼「スーパーシャークC」