金田コーポレーションは70周年。さらに、その先へ――。

馬龍精進

金田コーポレーションは、今年70周年を迎えます。
これもひとえに皆様方のご支援、ご助力の賜物と感謝しております。
これからも、この感謝の気持ちを忘れず、さらに一層の努力を続け
皆様方のご満足を得られるよう精進してまいります。

「儂(わし)の眼には十年先が見える。」
郷土が生んだ偉大な大原孫三郎氏の言葉。
激しく移り変わる世の中は今も昔も同じ。
そんな時代の中で本業は元より、
美術館を作り人を育み、
食の安定のため農業研究所を、
先進的地域医療のため病院を設立。
全て人のため。見直すと「人」がすべて。

金田コーポレーションも常に
「今を変えれば未来も変わる」を合い言葉に
70周年を迎えました。

従来の延長線上という発想ではなく
オリジナルな企業運営で個の力を見つめ直し、
研ぎ澄ませ、人・技術・情報・環境を
融合させるものつくり。
咲いている花は美しい、
その後果実を実らせる樹木も素晴らしい。
花、果実、何かの形で人に社会に貢献できる、
いつも心に花を咲かせ、
常に人に幸せを感じさせる企業を目指します。

「馬龍精神」

中国のことわざ
龍や馬のごとく
エネルギーに満ち溢れている
好奇心旺盛で
たくましいチャレンジ精神
知的で自由を求める
理想主義者

2017年は丁酉(ひのととり)年。
折しも「丁」という年には、
新しい動きがあると解されています。
また「酉」には、
熟すという意味があることから、
これまで培ってきた技術と
人材育成のノウハウを
さらに高めていくことで、
大樹から世界樹へと
成長をしてまいります。
そして「馬龍」の音は、
VALUEにつながります。
金田コーポレーションは、
常に「価値」を追求し、求めていきます。